前へ
次へ

不動産の管理を一括で行う「賃貸管理」とは

賃貸管理とは、従来、賃貸物件の所有者である大家や仲介業者である不動産業者が行っていた、入居者募集、家賃集金、クレーム対応、メンテナンス、敷金精算、退室後のリフォームなどを賃貸管理を専門に行う企業へ業務委託できるサービスのことです。賃貸の管理には、数多くの案件があり、オーナーにとっては、負担となっていました。そこで近年、維持管理の複雑化、社会生活の多様化などに伴い、専門知識や技術の必要性が高まり、コストが増加した管理業務を専門で行う業者が増えてきました。賃貸管理業務には、大きく分けて、入居募集や家賃回収、入居者トラブル対応など、「入居者管理業務」と、清掃、設備メンテナンス、修繕工事などの「建物管理業務」の2種類があります。賃貸管理業務に携わりたい方に有用な資格があります。マンション管理士と賃貸不動産経営管理士です。マンション管理士とは、マンション管理に必要な一定の専門知識を有している事を証明する国家資格で、組合の運営・業務、マンション構造、設備、修繕計画に適した人材として認定されます。賃貸不動産経営管理士は、賃貸不動産管理に必要な知識・技術・技能・法律に詳しく、管理業務全般に寄与出来る人材として認定され、賃貸不動産管理の専門家として重要事項の説明業務に携わる事が可能です。いずれも所有者は、就職や転職の際に有利となるでしょう。

Page Top