前へ
次へ

賃貸管理の基本を抑えよう

毎月安定した賃料収入を得られる不動産経営に関心を持つ人が増えています。入居者さえ確保できれば、安定した収入が得られるので、将来の年金代わりにと考えている人が多いです。ところで、不動産経営を行う上で避けて通れないのが賃貸管理業務です。安定した収入を続けるためには、しっかりとした賃貸管理をしなければなりません。では賃貸管理にはどのような業務があるかというと、入居者管理と建物管理とに分類することができます。入居者管理とは、賃料の管理や苦情への対応などがメインです。賃料の管理には賃料の設定をはじめとして、家賃回収業務や家賃滞納者対応など様々あります。また、入居者がいなければ家賃収入が望めないため、入居者募集も大切な賃貸管理業務の1つです。一方、建物管理とは建物の清掃や設備の管理などが該当します。不動産としての価値を長期間維持していくためには、しっかりした建物管理業務が欠かせません。入居者を集めるためには、管理が行き届いた不動産物件であることがポイントなのです。

Page Top